保育士通信講座比較トップへ ≫ 保育士の資格の受験資格と難易度

保育士の受験資格と難易度

管理人

保育士は待機児童などの問題で、国も力を入れ始めているお仕事。イメージとしては大学を卒業して教育実習などもしてる難関試験かな?・・・・と思ってる方も多いとは思います。

実は保育士の資格は、そこまで難易度の高い資格ではありません。ここでは、保育士の受験資格と難易度についてご紹介しています。

保育士試験の受験資格

    大学卒業

  • 学校教育法に基づいた大学を卒業した者(学部不問)

    大学在学中、中途退学

  • 学校教育法による大学に2年以上在学し、62単位以上修得した者(学部不問)
  • 年度中に62単位以上修得見込みの者(学部不問)
  • 1年以上2年未満在学し、62単位以上修得した者(学部不問)
  • 1年以上2年未満在学し、年度中に62単位以上修得見込みの者(学部不問)

    短期大学卒業

  • 学校教育法に基づいた短期大学を卒業した者(学部不問)

    短期大学在学中

  • 学校教育法に基づいた短期大学の最終学年に在学し、年度中に卒業が
  • 見込まれている者(学部不問)

    専門学校卒業

  • ①学校教育法に基づいた専修学校で、②卒業した課程が修業年限2年以上の
  • 専門課程であること
  • ①、②の条件を満たす者
  • ①、②のどちらか片方のみの条件を満たし、高等学校卒業年月日が、
  • 平成3年3月31日以前の者

    専門学校在学

  • ①学校教育法に基づいた専修学校で、
  • ②現在在学している課程が修業年限2年以上の専門課程であること
  • ①、②を満たし年度中の卒業見込みの者
  • ①、②のどちらか片方のみの条件を満たし、高等学校卒業年月日が、
  • 平成3年3月31日以前の者

    高等学校卒業

  • 卒業年月日が平成3年3月31日以前の者
  • 平成3年4月1日以降の卒業の場合は、平成8年3月31日以前の
  • 保育科を卒業した者
  • 以上のどれにも該当しない場合でも、卒業後児童福祉施設において2年以上かつ
  • 2880時間以上児童の保護に従事した経験があれば受験資格有り

    中学卒業

  • 卒業後児童福祉施設において5年以上かつ7200時間以上児童の保護に
  • 従事した経験がある者

保育士の資格は年2回に

保育士の資格は、保育士国家試験に合格すれば得られます。試験は平成28年から年2回に増えました。2日に渡って8教科9科目の筆記試験が前記は4月、後期は10月に実施されます。筆記試験の合格者は前記は7月、後期は12月に行われる実技試験へ進むことができます。筆記試験の問題は、選択式のマークシート方式となっており、全科目6割以上の得点をマークすれば合格となっています。

実技試験では、音楽・絵画制作・言語の中の2分野を選ぶことになり、両分野とも6割以上得点をした者が合格となり、保育士資格を得ることができます。

試験の合格率は例年11~14%くらいです(下記参照下さい)。合格者の人数は決まっておらず、6割以上得点をすれば合格です。

また独自地域限定保育士試験というものもあり、年3回受験できる場合もあります。地域限定保育士試験の場合は合格後は3年間、その地域でのみ働けますが、3年後にはどこの地域でも働けます。また合格した科目は他の地域の試験でも免除科目となります。

保育士の試験難易度は?

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成14年度 38,250 4,550 11.9%
平成15年度 37,414 4,091 10.9%
平成16年度 35,237 4,516 12.8%
平成17年度 37,288 6,291 16.9%
平成18年度 39,192 5,693 14.5%
平成19年度 38,032 7,750 20.4%
平成20年度 37,744 3,989 10.6%
平成21年度 41,163 5,204 12.6%
平成22年度 46,820 5,324 11.4%
平成23年度 49,307 6,957 14.1%
平成24年度 52,257 9,726 18.6%
平成25年度 51,055 8,905 18.6%
平成26年度 51,257 9,894 19.3%
平成27年度 67,504 23,165 34.3%
平成28年度 70,710 18,229 25.8%
平成29年度 62,555 13,511 21.6%

保育士の試験は科目ごとの合格が可能で、1回の合格が3年間有効で、一気に合格しなくても、計画立ててまた次の筆記試験に挑戦していくことができます。

なので3年間トータルで見れば、もう少し合格率が高くなることが予想されます。 また、各科目が平均的に難しいのではなく、筆記試験の科目ごとの難易度の差が大きいという特徴があります。実技試験に関しては、筆記試験に比べて合格率が高いです。

合格率が比較的低い筆記試験は、マークシート方式で、難問は出題されず、そこまでは難しくはないのに、合格率が低いのは、8教科9科目と科目数が多いという理由があります。

また受験資格の敷居が低く初学者のチャレンジ試験の方も多いので合格率の数値的には低くなる傾向があります。

また近年、筆記試験の科目ごとの難易度の差が大きいために、各科目6割以上の得点が必要な保育士試験は年度ごとの合格率のバラツキが大きく出る傾向があります。

結局難しいの?

悩むイラスト

合格率からみても決して易しい試験とは言えませんが、国家資格としてはやさしい方です。難易度としては1~4(4が一番難しい)の2にランクされ、社会保険労務士、社会福祉士やケアマネージャー、栄養管理し、気象予報士などと同等の位置づけになっています。

難易度2の資格は、価値と取得しやすさのバランスが取れたゾーンで、比較的狙いやすく、かつ本格的な国家資格が取れるということで人気の高い資格になっています。

合格率は低いが気にするな!

合格

保育士試験の合格率は、近年はだいたい20%以上。難しいのでは、と思われてしまいそうですが、実際には3年間で合格することを目標にすればいいわけで、合格率は気にしなくてよいでしょう。

保育士試験では、ほとんどの場合、テキストに書かれていることが出題されるため、しっかりテキストをものにすれば、初受験で合格することも可能です。

実技は得意科目を選べる

保育士

実技試験は、「音楽に関する技術」、「造形表現に関する技術」、「言語表現に関する技術」から、自分の得意科目を2つ選んで受験できます。ただし、1日で2科目とも合格しないと不合格となるので(持ち越しはできない)、しっかり取り組みましょう!

実技試験は筆記試験よりは合格率が高く8割くらいの方が受かるといわれています。

保育士不足による法律の規制緩和

現在国も保育所と保育士不足に困っている状況な為、法律の規制緩和で受験資格などが変わり、保育士の資格が取得しやすくなるのでは、といわれています。近年年2回に試験も増えましたし、保育士の夢をあきらめた方は、あきらめずに挑戦するチャンスです。