保育士通信講座比較トップへ ≫ 保育士の仕事と給料

保育士の仕事とは?

保育士とは、保育士国家資格を保有し保育所や児童福祉施設で働く人のことを言います。 親たちから子供を預かり、親に代わって子供たちの健やかな育成を助ける専門職です。 親や地域と連携し、子供の成長と発達をサポートする仕事です。

以前は、「保母さん」や「保父さん」と呼ばれていましたが、平成11年より児童福祉法が改正され、 「保育士」という名称に統一されました。

実際の仕事は?

子供のイラスト

子供が好きな人の間では当然人気の仕事ですし、年齢に関係なく結婚や出産をしても経験として生かせるという理由から人気がある仕事です。保育士の資格を取ると、保育所だけではなく、さまざまな児童福祉施設、無認可の民間業者施設など様々な施設で働くことができます。例えば、保育所での仕事内容は次のような事になります。

  • 子供への基本的生活習慣(食事、睡眠、着替え、排泄など)の教育
  • 子供の身の回りの世話
  • 集団生活を通し社会性を学ばせる
  • 遊びを通した健康的な成長をサポートする
  • 保護者への報告と、子育てに関する相談にアドバイスを行う
  • 連絡帳の記入やクラスだよりの作成
  • 地域との連携
主な仕事は以上のような事になりますが、子供を心身ともに健康な状態で預かることが保育士の大事な役割です。登所から降所まで子供たちの顔色や行動などを常に確認し、子供の気持ちをくみ取って一人一人の欲求を適切に満たしてあげます。また、未発達の子供たちの病気やケガ防ぐために、施設を清潔で安全な場所に保つことも大事な仕事です。 子供が好きということだけではなく、行動力や責任感、体力がかなり必要とされる仕事ですが、日々成長していく子供の姿を毎日見れるのが何より嬉しいですし、やり甲斐のある仕事です。

ソーシャルワーク機能

保育士のイラスト

保育士の任務に、保育というケアワークの機能に加え、指導というソーシャルワーク機能が加わりました。 核家族化や少子化問題が表面化している中、子育てに自信がない人や、 友達を作ることができない等の悩みを持つ人は多くなっています。そんな中、家族だけが子供を育てるのではなく、 地域で子供の成長をサポートしていくという考え方も出てきており、ますます保育士の役割が見直されています。

保育士の給料はどうか

給料

保育士になったらどのくらいの収入を期待できるのでしょうか? 昔から保母さんは、大変な仕事の割にはお給料が少ないと聞くこともありますが、実際のところどうなのでしょうか?

ここでは保育士の給料について詳しく調べました。

自治体による地域差・私立と効率

困るイラスト

公立保育園の保育士の給与は地方公務員の給与体系を基に支払われます。地域差がありますが、例えば、都市部で20才の短大卒の場合、基本給と各種手当てを合計して19万円ぐらいです。ボーナスは年間で約4.5ケ月分くらい支給されます。

私立の場合、自治体の職員と同程度くらいでしたが、近年各園の給与体系はそれぞれの独自性にゆだねられることになったため、ばらつきがあります。

一般的に、就職から数年間においては公立と私立の差はあまり大きくないのですが、長い期間経っていくと私立の方が安い傾向にはあるようです。

平均的な金額とやりがい

お金の悩み

某サイトでのリサーチでは、平成22年の保育士全体の給料は、平均月収は22万円、平均年収(ボーナス込)は325万円、平均時給は1,249円でした。サラリーマン全体の平均年収が約500万円ですので、それに比べても高収入とは言えません。現場では、「やりがいがあり、子供好きなので仕事は満足ですが、もっと給料が良ければ…」という意見が多いようです。

保育士の労働条件

勤務時間は公立、私立とも保護者の送迎時間を考慮して不規則な所が多く、早朝や夜間も保育しているので、交代制勤務体制をとっている所も多く、24時間収容施設では2交代制や3交代制もあります。短時間勤務保育士の導入が認められたことにより、非常勤扱いやパートの保育士も増えています。正社員の枠が少なくなっているのも現状です。この場合、一生涯の仕事にならない場合があります。

保育士資格取得のメリット

喜ぶイラスト

保育士の資格を持つことで、新しい環境などでも働き続けることができるという大きなメリットはあります。一般の会社員で結婚・出産などを機に退職し、それまでのキャリアがゼロになってしまった場合、なかなか社会復帰してもそれまでと同じような環境で働くことは難しいと言えます。しかし、保育士の資格があれば、需要も多いので、社会復帰しやすい職業ではあります。